前へ
次へ

美容のためにスマホの使い方を工夫しよう

老若男女を問わず、電車などで、じっとスマートフォンを見ている人が多いです。しかしそういう人たちの中には、俯いているせいで顔がたるんでいたり、目元の筋力がゆるんでしまっている人も多く見かけます。俯いて肩を前に入れた姿勢で長時間スマートフォンを使うのは、美容にいいとは言えません。30代をすぎた頃から特に、美容のためにスマートフォンの使い方を工夫しましょう。まず、持ち方が重要です。たいてい猫背になって首を前に傾け、丸まった姿勢で見る人が多いです。これでは顔も垂れるし腹筋や背筋も弱くなってしまい、猫背が常態化してしまいます。骨盤を立てて座り、必要以上に丸くならないように心がけましょう。また、家だと寝転がってみる人もいるかもしれませんが、これは意外と首や肩、腕の凝りにつながります。首や肩が凝ると血行も悪くなり、筋肉のバランスも崩してしまいます。家でも椅子に座って背筋を伸ばした状態で見るようにしましょう。

Page Top